スタッフブログ

初めまして

>その他

初めまして、6月から入職しました臨床検査技師の百瀬です。
まだまだ未熟者ですが、皆さんに支えていただきながら成長していけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、先週末伊那祭りが行われましたね(^^)
入職にあたって伊那市に引っ越してきた私も、職員の橋爪さんと一緒にお祭り見物に行きました。

普段は穏やかな街並みが、この日は活き活きと踊っている皆さんの熱気に包まれていました。
伊那北駅から伊那市駅の辺りまで歩いて散策したのですが、踊りに参加していたスタッフの方を発見したり、陽気な露店のおじさんに出会ったりと、踊りには参加しませんでしたが伊那市民として初めてのお祭りを充分に堪能しました。

これからは私も伊那市の一員として、皆様が日々を思いっきり楽しめるよう、このクリニックで元気のお手伝いをしていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。




ほたるのひかり

>その他

こんにちは。検査技師の野澤です。

梅雨らしい毎日が続いていますね。
ジメジメしてるし、少し気も滅入りがちです。

そんな中、先日、辰野町のほたるを見に行ってきました。
小さいころから、よく見に行っていたので
昔に比べたら、少ないかなあと思ってしまうのですが、
それでも子供たちが興奮するくらいは、よく飛んでいました。

すると、1匹のほたるが、娘の手に止まりました。
娘はじーっと眺めて、私に一言
『ほたるって、おしりじゃなくて、おなかが光るんだねー。』
え!そうなの???
たしかによく見てみると、羽の下のおしり?ではなく、
内側のお腹の先?が光っています。
小さいころからほたるに慣れ親しんできたのに、
ぜんぜん知りませんでした。

新しい発見もあり、梅雨の合間のいい気分転換になりました。
どうしても梅雨は家にこもりがちですし、
気候の変化で体調も崩しやすいですよね。
皆様お体大事になさってください

平安時代からの歴史絵巻

>その他
平安時代からの歴史絵巻
平安時代からの歴史絵巻

診療放射線技師の中沢です。
五月後半猛暑日が続き、夏はまだですが熱中症罹患者が増えています。水分は細目に取りましょう。

今春の県内地域は4月から5月にかけて7年に一度行われる奇祭に湧いていました。諏訪の御柱祭、駒ケ根光前寺御開帳そして安曇野市穂高神社の式年遷宮祭など。。。
中でも20年に一度行われる穂高神社式年御遷宮祭は神を祀る本殿を造り替える大遷宮祭で、その間7年、13年にご神を仮殿へ移す小遷宮祭が行われます。祭りに合わせて奉納されるのが穂高人形飾り物です。起源は古く平安時代にさかのぼるそうです。
表情豊かな穂高人形は農民文化を偲ばせています。今回の作品は天孫降臨、加藤清正虎退治、上田城合戦の場等5つの歴史的場面が展示されたのですが、何と云っても目を曳き付けたのは大河ドラマの大阪夏の陣 真田丸陣屋の場でした。この作品を手がけた制作指導の人形師はご高齢だそうですが現役で、夕暮れにライトアップされた表情は鬼気迫るものがあります。他の作品に比べ地侍の表情豊かでなぜか観る者の時を忘れさせてくれました。

久しぶりの遠出

>その他
久しぶりの遠出
久しぶりの遠出

こんにちは、栄養士の橋爪です。

先日、初めて軽井沢のプリンスショッピングプラザまで高速を使って行ってきました。
人生4回目の高速で手に汗握りつつ運転しましたが、無事に到着しました。

軽井沢はちょうどいい天気でとても過ごしやすかったです。
敷地内がとても広く、お店もたくさんあったので気づくと半日たっていました。

写真は軽井沢ショッピングプラザです。

今回は運転に集中するあまり、景色を楽しむ余裕がなかったので
もう少し余裕をもって運転したいと思いました。(・v・)

これからの季節、遠出する方は安全運転で楽しんできて下さい♪

はじめまして(*^_^*)

>その他
はじめまして(*^_^*)
はじめまして(*^_^*)

はじめまして、看護助手の田中です。
入職して3か月が経ちました。
みなさんに優しく親切にして頂いて毎日楽しくお仕事させていただいています。

暖かくなりましたね。
乾燥肌も落ち着いてきて、花粉症ではない私には快適な季節になりました。

先日ひさびさに友人と飲みにCONAへ行ってきました。
ずっと行きたかったのですが、なかなか行けず。いつも混んでいますね。
ピザだけかと思っていたのですが、サラダやアヒージョもありました。
小ぶりのピザで生地も薄いので結構食べられます。
挑戦はしなかったですがちょっと変わったピザもありました。

これから、ビールのおいしい季節になりますね。
アルコールの摂り過ぎには注意しましょう。私も(笑)

3回目の春

>クリニックについて

院長の久保田です。
 当院は、2013年秋の開院以来、3度目の春を迎えました。
 「創造力とクリエイティビティーを駆使して皆様の健康に貢献し、超高齢化社会に挑戦します」という理念で開院し、少しずつできることを増やし、クリニックとして地域の健康に貢献できる能力を高められるように努力してまいりました。
 スタッフの人数が増えてきたとはいえ、まだまだ小規模な診療所である当院でできることは限られていますが、「成長を持続する」という基本方針を継続し、皆様のお役に立てるように努力していきたいと思っておりますので今後ともよろしくお願いいたします。
 「創造力とクリエイティビティー」と掲げているのは、「自分で問題点に気づき、解決策を考えられるようにならないと成長しない」と考えているからです。医学知識は大切であり、常に勉強するように心がけていますが、それだけで良い医療を提供することはできません。特に高齢化社会問題など、社会の問題を解決していくには、教科書通り、誰かに教えられたことを行っていくだけでは対応できないと思っております。厚労省がシステムなどを考案していますが、地域の実情にあったものにするためには、地域住民自らが問題を解決する能力を持つことが不可欠と思っております。
 当院はスタッフ全員が、問題に取り組み、解決できるような組織にしていきたいと思っております。
 今後ともよろしくお願いいたします。

節分すぎて

>その他

 こんにちは、看護師の山﨑です。

 こんなに暖かくていいのかしら、というような年末年始でしたが、何年に一度のものすごい寒波がやってきました。
雪が降ると生活はいろいろ大変になりますが、ここ伊那谷では東を見ても西を見ても美しい山々があり、白い雪で色を変えた姿は心癒される景色でもあります。体中痛くなる雪かきはごめんですが、やはり冬は冬らしくあってほしいものです。

 胃腸炎やインフルエンザが大流行していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 暑がりの私は、夏は毎年のように夏バテし見てもわからない程度やせます。冬はほとんどかぜをひくこともなく、やはりわからない程度に太ります。最近もそんな調子でまあまあ元気で過ごしていますが、確実に体は温暖化しており、おととしの冬からはなんと昔懐かしいしもやけになってしまいました。こんな真冬に蚊に刺されるなんて時期はずれの蚊もいるもんだなぁ、と思っていましたが、夜のウォーキング後に出現するかゆみと腫れは、まさしくしもやけでした。そんなこんなで夜のウォーキングはやめるに至りました。

 ちょっと前になりますが、我が家でも節分に恵方巻をつくりました。昔はこんなことしなかったのに!とかブツブツ言いながらも、子供と一緒に巻き寿司を作る時間はとても楽しいものです。具がばらばらになったり、ふにゃふにゃした巻き寿司になったりと、出来はいまいちですが一人1本ずつ笑いをこらえてつっかえそうになりながら食べました。今年1年、家族が健康で平穏無事に過ごせるといいなぁと願っています。

 私事ですが、今月いっぱいをもちまして退職することになりました。クリニック開院からお世話になり、無事に今日まで働いてこれたこと本当に感謝しています。皆様のご健康をお祈りしています。

 ありがとうございました。



どんど焼き

>その他
どんど焼き
どんど焼き

初めまして。
検査技師の野澤です。
早いもので、こちらで働かせて頂きはじめてから、3ヶ月が過ぎました。
まだ、不慣れな所もあり、ご迷惑おかけするかもしれませんが、よろしくお願いします。

話は変わりますが、先日、家族でどんど焼きに参加してきました。
私は以前、松本に住んでいたのですが、松本では『三九郎』と呼んでいました。地域によって呼び方は様々みたいですね。
火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあります。

私の住んでいるところでは、『繭玉』といって、柳の枝に団子を刺して、火であぶって食べる習わしなので、今回繭玉づくりに初挑戦してみました。

たまたま食用色素があったので、それを使って色を付けたのですが、子供たちとノリノリで、青色や緑色なども作っちゃいました。
蒸す前の団子は、淡い色で、綺麗だったのですが、蒸してみると、色が濃くなって、かなり衝撃的なお色に・・・。
無病息災をちょっと祈れない仕上がりになってしまいました。

母ちゃん、大失敗(><)

来年は、野菜や果物で色づけしたいと思います!


こんな私ですが、
本年も、皆様の『無病息災』のお役に立てるよう(?)
頑張りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

新しい年を迎えて

>その他
新しい年を迎えて
新しい年を迎えて

診療放射線技師の中沢です。初めまして。

まずは新年あけましておめでとうございます。
今年の干支は申年、未からのバトンタッチです。申年はあらゆることが可能であるという年。頭の回転が早く、機敏でもあるサルのイメージから、決してあきらめずにあらゆる角度から試してみようという雰囲気にあふれる活躍の年だそうです。

年末年始は穏やかな日が続きました。寒暖の差は激しかったですが、日中は過ごしやすかったのではないでしょうか。反面スキー場は大苦戦ですね。
当院の仕事始めは1月2日の休日当番医でした。長引く喉の痛み、発熱、感染性胃腸障害等々、多くの患者様が来院されました。季節性インフルエンザはまだまだこれからのようです(?)インフルエンザ・ノロウイルス対策の基本ですが「手洗い・うがい」を細目に行い、「咳エチケット」も心掛けましょう!

昨年も災害の多い年でした。5月の口永良部島の噴火に伴う噴石・火砕流による居住地域の避難、9月の関東・東北地方豪雨による鬼怒川決壊では死傷者や多くの家屋が全半壊になるなど大きな被害が出ました。今年は災害のない年であってほしいと願います。


新春を迎え、気持ちを新たに日々の業務に取り組みたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

松本城

>その他
松本城
松本城

こんにちは。管理栄養士の橋爪です。

12月の初めに松本城へ行ってきました。
天気も晴れていて、城内はたくさんの人でにぎわっていました。

久しぶりに見た松本城は荘厳で、とても感動しました。

写真は外から見た松本城です。

お城の中は昔の戦で使われていた拳銃の作り方などが
展示してあり、とても勉強になりました。

普段、なかなか行く機会がなかったので
充実した1日を過ごすことが出来ました。

これからは雪も降るので、また違った松本城を
楽しむことが出来るんじゃないでしょうか。
もし機会があったら是非行ってみて下さい。

開院2周年

>クリニックについて

当院は、9月14日をもって、開院2周年を迎えることができました。
 お世話になった関係者の方々に、このブログの場をかりて感謝の意を伝えたいと思います。
 「創造力とクリエイティビティーを駆使して皆様の健康に貢献する」という理念のもと、既成概念にとらわれずに、様々なことに挑戦してきました。
 今後も、職員ともども力を合わせ、地域の皆様に貢献できるようなクリニックにしていきたいと思っております。
 今後とも、久保田内科クリニックをよろしくお願いいたします。

SBCラジオ 「こんにちはドクター」収録

>その他

 こんにちは。院長の久保田です。
 2月2日(月)に、SBCラジオ 「こんにちはドクター」の収録がありました。
 テーマは、「大腸がんの予防と早期発見」。クリニック2階にて、収録していただきました。
 放送日は、2月15日(日) 午前11:30~11:45 です。
 ご興味のある方はお聞きください。
 

ピロリ菌除菌のススメ

>クリニックについて

 院長の久保田です。 当院では、地域の皆様の「元気で長生き」に貢献したいと努力しておりますが、「長生き」を妨げる「死因」で最も多いのが「がん」であります。

 がんによる死亡を減らすためには、「予防」と「早期発見・早期治療」が大切ですが、今回は、「胃がん」の予防について書きたいと思います。

 胃がんの原因として重要なのはピロリ菌です。ピロリ菌は、正式名称を「ヘリコバクター・ピロリ」といい、ヒトの胃のなかに生息している小さな細菌です。1982年にオーストラリアのマーシャルとウォレンによって発見され、両博士はこの業績により、後にノーベル賞を受賞しました。

 ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍など様々な病気の原因になりますが、胃がんの原因にもなります。日本の研究では、ピロリ菌の感染があると、感染歴のない方に比べ、150倍程度胃がんにかかりやすことが示されています。注)

 ピロリ菌除菌により、胃がんの発生率は2/3~1/3に低下させることができることが示されています。除菌治療は、1週間お薬を内服するだけであり、がんの治療に比べて簡単にできますのでお勧めです。(その後きちんと除菌されたかを判定する必要があり、成功していない場合は再除菌が必要です)

 慢性胃炎のある患者様でのピロリ菌の存在診断、除菌治療は保険適応となっております。ただし、上部消化管内視鏡(胃カメラ)で慢性胃炎があることを確認することが、保険を使うための条件です。除菌前に、内視鏡で胃がんなどがないか確認することをお勧めしております。ただし、どうしても内視鏡を受けたくない方は、過去に胃カメラで慢性胃炎があることが分かっていれば、保険で除菌を行うことができます。(その場合は、いつ、どこの医療機関で上部消化管内視鏡を受けているか教えていただきます)

 当院では、ピロリ菌の除菌治療を積極的に行っておりますので、ご希望の方は受診いただけたらと存じます。(あらかじめ電話で予約をとっていただくと、お待たせする時間を減らすことができます)

参考資料:日本ヘリコバクター学会誌 supplement 2013/4/18
注)様々なデータがあり、欧米では数倍としている報告もあります。

ご挨拶 開院1周年を迎えて

>クリニックについて

 お陰様で久保田内科クリニックは、9月14日をもって開院1周年を迎えることができました。
「創造力とクリエイティビティーを駆使して皆様の健康に貢献し、超高齢化社会に挑戦する」という理念のもと、地域の皆様の「元気で長生き」に貢献できる様に1年間努力してまいりました。
 医学は日々進歩しており、かかりつけ医機能をもつ診療所としても、日々勉強し成長していくことが不可欠と考えております。また、医学の進歩により、診断や治療方針の決定のためには、様々な検査が必要になりました。
 当院では、適切な治療を行うため、CT、内視鏡など必要な検査機器を導入し、またそれを有効に使用するための知識と技術を身につけるように努力してまいりました。それにより、診療所でも(入院が必要でなければ)高度な医療が行えると考えております。
 この1年を振り返ると、開院後から、上部・下部消化管内視鏡の鎮静(注射薬により眠った状態で内視鏡を受けること)の開始、造影CTの実施、2013年11月には人間ドックを開始、2014年4月には大腸ポリープの切除ができるようになるなど、ひとつひとつに実施できる診療内容を増やしてきています。また、呼吸機能検査、血液ガス分析器等の器材を導入し、適切な診断が行える検査が行えるようにしてまいりました。
 良い医療を行うためには、向上心をもって勉強することが大切と考えてきました。クリニックの性質上、広範囲な疾患を診療できなければなりません。内科を中心として広い範囲の疾患に対し対応できるよう、様々な学会に参加し、高い知識を得るように努力してきました。参加した学会は、日本循環器学会総会、日本認知症学会総会、日本呼吸器病学会総会、日本人間ドック学会総会、日本糖尿病学会総会、日本動脈硬化学会総会、STROKE2014、日本肝臓学会教育講演会、日本精神神経学会総会、日本消化器関連学会週間 など多岐にわたります。学会参加のため、診療日の変更が多々あったことをお詫びいたします。
 また、良い医療を行うためには、職員が成長することが必須と考えてきました。安全確保のため、常勤看護師全員に、アメリカ心臓協会の一次救命処置(AHA BLS)の研修をうけてもらいました。また、組織としてよい医療を行うため、治療はなるべくマニュアル化し、各職員が治療に対する理解を深め、また勉強をすることで組織としてより医療ができるように努力してまいりました。
 よい医療は、医学知識のみではできません。当院では、医師・看護師などの専門職以外の職員の働きが重要だと考えてきました。スタッフの募集は「受付職員・事務職員」ではなく「総合職職員」という名前のもと、様々なことを行いながら、クリエイティビティーを発揮できるような人材を募集し、また実際に働いてもらっております。
 当院の理念のひとつに「成長の持続」があります。常に謙虚な心をもって、現実の問題を直視し、解決することにより今後も成長し続けたいと思います。
 医療は、単に健康でいるというだけではなく、人々の人生観、社会の問題、行政や社会の仕組み、経済問題など様々なことが関わりあっております。これから超高齢化社会を迎えようとしている日本にとって、問題は山積みであり、地域のいち医療機関である当院も少しずつでもそれを解決できるようにしていきたいと思っております。
 我々の力はまだ小さいですが、日々成長する努力を続けることにより、もっと皆様のお役にたてるクリニックになっていけると信じております。
 今後とも、久保田内科クリニックをよろしくお願いいたします。

 2014年9月14日 久保田内科クリニック 院長 久保田大輔

あけましておめでとうございます

>クリニックについて

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年、9月14日に開院した久保田内科クリニックですが、初めての新年を迎えることができました。

「健康を通じて人々によりよい人生を提供する」ために職員が創造力とクリエイティビティーを発揮する、という理念のもと、日々努力をしてきた私達でありますが、2014年はさらに皆様の健康に貢献できるよう、努力を継続していきたいと思います。

 医療は日々進歩しており、安全で効果的な医療を提供するためには、勉強をし続けることが必須と考えております。

 2014年も、よりよい医療が提供できるよう職員みんなで努力していきますので、久保田内科クリニックをよろしくお願いいたします。


 

寒い季節になりました

>その他
寒い季節になりました
寒い季節になりました

日を追うごとに寒さが増し、いよいよ雪も舞い始めましたね。
クリニックの待合のディスプレイもクリスマスに衣替えしました。
診察や検査をお待ちいただく間、少しでも楽しい気持ちを持っていただければと
スタッフで工夫を凝らしながら今後も取り組んでいきたいと思います。

今度お越しの際に、窓辺のちいさなスペースにも少し目を向けていただければ幸いです。

12次へ
初めて受診される方へ
時計

診療時間

8:00~12:0014:00~17:00

※ご予約のない方は、午前中に来院されても、診察は午後になる場合があります。
最終受付時間は16:15です。


日・月・祝日


予約優先

初診の方でもご予約ができます。当日予約はできませんので、来院される方はお電話をされてからお越しください。

お問い合せ

お問い合せ

0265-71-8855
0265-76-3222
受付時間24時間
上伊那医師会医師会員限定
久保田皮膚科医院
ページの先頭へ
文字