スタッフブログ

人間ドックの種類について

こんにちは。管理栄養士の橋爪です。
今回は当院で行っている人間ドックの種類とオプション検査について紹介したいと思います。
当院で行っている人間ドックは以下の2種類があります。


◎通常人間ドック 40,500円(税込み)
◎肺CTつき人間ドック 48,500円(税込み)


この肺CTつき人間ドックは、通常人間ドックで行う肺検査をレントゲンではなく、CTで行います。CTとレントゲンの検査の違いについては他のスタッフが紹介するので、ブログを読んでいただければと思います。
また、人間ドックのオプションとして検査を行うことが出来ます。現在は、以下の3つのオプションがあります。


◎大腸内視鏡検査 20,000円(税込み)
◎肺CT 10,000円(税込み)
◎腹部エラストグラフィー 2500円(税込み)


※もし、通常の人間ドックに加えて大腸内視鏡検査を同じ日に行いたい場合は、通常人間ドック+大腸内視鏡検査 60,500円(税込み)となります。

何かわからないことや不安なことがありましたら、
お気軽に0265-71-8855までお問い合わせください。(^^)♪

上伊那の医療事情

その他 2017年04月22日

こんにちは。院長の久保田です。
 今回は、上伊那地域の医療事情について、少し書いてみたいと思います。
長野県の二次医療圏は、上伊那の他、長野、北信、松本、大北、上小、佐久、諏訪、飯伊、木曽の10医療圏に分かれています。
 各2次医療圏の状況や比較が、長野県が策定している「長野県医療構想(案)」にまとめられており、インターネット上から閲覧できます。
 これをみると、上伊那地域の医療従事者数(医師、看護師など)、病床数が、他の医療圏を比較して異常に少ないことがわかります。(添付図を参照してください)(これは絶対数でなく、人口10万人あたりの数です)
 医師数は木曽の次の県内で下から2番目、病床数は一番少ないことがわかります。図には示しませんが、人口あたりの看護師数も、県内で一番下です。木曽は権平トンネルでつながり、助け合わなくてはならないお隣の地域ですので、上伊那~木曽の医療機能が、県内でも非常に低い方であることがわかります。
「長野県地域医療構想」には、患者の流入や流出についても記載があります。上伊那からは松本地域、諏訪地域への流出がかなりあります。
他の地域まででかけていけばいいという考えもありますが、私は、やはり自分の住む地域で治療が受けられることは、重要だと思っております。
 会社やビジネスが東京など大都市を中心に広がっていくように、医療も都市に流れていく傾向があります。東京23区内には、大学病院や有名病院がたくさんあり、人口当たりの医師を中心とする医療従事者数が非常に多くなっています。また、医局制度はまだ残っており、どの県も、医学部と大学病院のある市に医師や医療従事者が集中する傾向にあります。長野県では、松本医療圏が断トツに医師数が多くなっています。
 世の中、栄えるところはより栄える、勝ち組はさらに勝ち組になる、という傾向があると思います。でも、医療はどの地域に必要なものであり、地域で維持していく努力が必要と思っています。
 私は当院を開院する前、松本の相澤病院にいました。松本には信大医学部付属病院もあり、長野県内では特に医療資源が豊富なところです。
 でも、私は故郷である上伊那の医療状況がよくなって欲しいという思いがあります。それも、伊那に戻ってきた理由のひとつです。
 当院が開院した2013年ころから、上伊那の医療事情は、少しよくなってきているような気がしています。
 一時、お産ができる施設が伊那中央病院のみで、里帰り出産ができないという問題がありました。しかし、駒ケ根レディスクリニック、菜の花マタニティクリニックとお産ができる医療施設が開院しました。これは地域にとって非常に大きなことだと思っています。
伊那中央病院も地域の拠点病院としての機能を拡充してきており、また、私だけでなく、他の地域から上伊那に開業する先生方も何人かでてきています。なんとなく、上げ潮な雰囲気を感じています。地域や病院にとって、この「よくなっていく」雰囲気が大事だと思っています。「よくなっている」場所には人が集まるからです。
 でも、まだ上伊那の医療は不十分だと思います。上伊那には心臓血管外科の手術ができる病院がない。伊那中央病院や昭和伊南総合病院には、腎臓内科、耳鼻科の常勤医がいない。その他、医師、看護師等、医療従事者の絶対数が足りず、医療機能が不十分なため、他の医療圏に頼らなければいけない状況が多いと思います。
 医療(というか日本)は行政の決定による影響が大きく、個人のがんばりでは変わりにくいところも多いのですが、「なんとかならないかなあ」と、いつも考えています。
 当院は、小さな組織ですが、地域医療の流れをよくするような働きができたら、と思っています。

上伊那の医療事情 上伊那の医療事情

年始のご挨拶

その他 2017年02月10日

院長の久保田です。遅くなってしまいましたが、新年のご挨拶をさせていただきたいと思います。
昨年は多くの方々にお世話になり、ありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

昨年、2016年は、医療機能の充実のため、投資に力をいれた1年でした。
まず、3月に大腸内視鏡を1本追加購入しました。それにより、大腸カメラの受け入れ件数を増やすことができ、以前に比べ、お待たせせずに検査を予約することができるようになりました。
4月には、院内の医療画像サーバーを、PSPという大手メーカーのものに変更しました。これにより、CT、内視鏡、超音波検査などの画像をより効率的に表示、検索、比較できるようになりました。また、内視鏡や超音波のレポートシステムも購入し、綺麗でわかりやすいレポートを患者様にお渡しできるようになりました。私は、情報を効率よく保管、検索、表示することは、現代の医療において、とても大切なことだと考えております。
 9月には、増築を行いました。専用の大腸カメラ準備室、検査室、栄養相談室をつくり、更衣室や採血スペースの拡充などを行いました。患者様や人間ドックを受診される方が、快適で効率よく診療・検査が受けられるようにしています。
 また、増築に伴い、高性能超音波装置を1台購入しています。もともとあった機械と2台体制で検査ができ、また、超音波エラストグラフィーという、肝臓の硬さを測定する検査ができるようになりました。それにより、苦痛なく、肝硬変のリスクや診断を行うことができるようになりました。
 人間ドックは、開院当初は金曜日のみでしたが、上記の器材購入や増築、人材の確保等により、毎日受け入れられるようになり、受け入れ人数も増やすことができるようになりました。

 このように、昨年は、機械、ものへの投資が多い1年でしたが、今年、2017年は、‘ヒト’のレベルアップ、つまり職員の能力向上に力をいれていく予定でおります。
 すでに今年に入り、定期的な委員会、勉強会を開催するようにしていますが、職員のレベルアップを通し、より安全で安心な医療が行えるように努力していく所存でございます。
 本年も久保田内科クリニックをよろしくお願いいたします。

はじめまして

その他 2017年02月01日

はじめまして。1月よりお世話になっております臨床検査技師の清水です。
早いもので、年が明けてひと月が経ちました。
まだ不慣れなことも多く、教えてもらうことが多いのですが、検査技師として主体的に働けてやりがいを感じています。
今までの経験を生かして、お役に立ちたいと思っています。

さて、私の実家は山形県の庄内地方といいまして、日本海に面しています。今年もお正月に帰省してきました。初詣に毎年行くのが、鶴岡市にある善宝寺というお寺です。

ご祈祷してもらった後、毎年ご住職がありがたいお話をしてくれます。
今年はこんなお話でした。
『 皆さんは「シン」というとどんな漢字を思い浮かべますか?』

私が浮かんだのは「芯」でした。
後で聞くと、長女は「真」次女は「慎」。主人は「新」息子は私と同じ「芯」。

「シン」といって思い浮かべる漢字は、その人の今の心を表しているのだそうです。
新しいことをはじめようとしている人は「新」かもしれない。
親のことが気になっていて「親」を思い浮かべる人、体のことが心配な人は「身」「心」
つらい環境にある人は「辛」かもしれない。
他にも「信」「伸」「進」・・・いっぱいあります。

なるほど・・・そうすると今の私が「芯」が浮かぶということは、芯を強くしたいということなのかなと納得しました。

読んでくださっている皆さんはどんな「シン」が浮かびますか?

そう考えると、「シン」という漢字はどんなにたくさんあるのだろうと、子供の漢字字典で調べると、38字でした。他に調べてみると「ソウ」が51字、「ショウ」が82字。
一位は「コウ」97字でした。びっくりです。

そんなわけで、今年1年無病息災で、新鮮な気持ちで向かいたいと思います。
よろしくお願いいたします。

初めまして

その他 2016年08月10日

初めまして、6月から入職しました臨床検査技師の百瀬です。
まだまだ未熟者ですが、皆さんに支えていただきながら成長していけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、先週末伊那祭りが行われましたね(^^)
入職にあたって伊那市に引っ越してきた私も、職員の橋爪さんと一緒にお祭り見物に行きました。

普段は穏やかな街並みが、この日は活き活きと踊っている皆さんの熱気に包まれていました。
伊那北駅から伊那市駅の辺りまで歩いて散策したのですが、踊りに参加していたスタッフの方を発見したり、陽気な露店のおじさんに出会ったりと、踊りには参加しませんでしたが伊那市民として初めてのお祭りを充分に堪能しました。

これからは私も伊那市の一員として、皆様が日々を思いっきり楽しめるよう、このクリニックで元気のお手伝いをしていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。




最新記事

月別アーカイブ

初めて受診される方へ
他の医療機関の皆様へ
時計

診療時間

8:00~12:00(受付終了 11:45)14:00~17:00(受付終了 16:45)

※ご予約のない方の受付終了時間は16:15までとなります。


日・月・祝日


予約優先

なるべく電話で予約をお願いします。初診でも予約できます。当日予約はできませんので、直接ご来院ください。

お問い合せ

お問い合せ

0265-71-8855
0265-76-3222
受付時間24時間
お問い合せ
他の医療機関の皆様へ
上伊那医師会医師会員限定
久保田皮膚科医院
ページの先頭へ
文字